ひよっこ整形外科医の勉強日誌

脊椎脊髄指導医を目指す若手整形外科医が勉強したことや日々思ったことを徒然に書いてます。ついでに誰かの為になれば幸いです。

腰が痛くなる原因って何があるの?

まずは腰痛について話しましょう。

よくネットでも書かれている

 

「腰痛の80%は原因が分からない!!」

 

本当にそんなに分からないの??とビックリする人もいるでしょう。

実はこれの根拠は2001年にDeyoというアメリカの著名な家庭医がThe New England Journal of Medicineという凄〜く有名で権威のある医学雑誌に論文を載せたことが始まりです。

 

じゃあ、実際はどうなのか?

勿論、普段患者さんと接していてもちろん何で?と思うこともありますが、しっかり検査すると案外分かることが多いです。

(元々、上の発表は家庭医が出したものなので整形外科の間ではCT,MRIによる検査が十分でない事で80%という数字になってしまっていると考えられています。)

 

ではどんな原因があるのか。

 

主には以下の5つに分類されます。

神経障害

  腰部脊柱管狭窄症

  腰椎椎間板ヘルニア

脊柱変形

  椎体骨折

  腰椎分離症

  側彎症(椎体終板障害) 

病理疾患

  転移性椎体腫瘍

  化膿性脊椎炎

  結核性脊椎炎(実はあんまり痛くない・・らしい)

 

急性腰痛症

  腰椎椎間板症

  腰椎椎間関節捻挫

心因性疼痛

  (ぶっちゃけよくわからない場合、ここに入ります・・・) 

 

一般的に外来診察でよく見るのは上に挙げたものが多いです。

(ただ、結核性脊椎炎に遭遇した事はないです。)

 これだけ見ても分からんわ!という方が大半だと思います。

なので今後病気を個別に説明していきます。

ではでは!!

 

最後に下をポチッとしていただけると幸いです。


医学ランキング

にほんブログ村 病気ブログ 骨・関節・筋肉の病気へ
にほんブログ村

【スポンサーリンク】